矢野大地がブルゾンみきおの限定解除試験・不合格を報告

全国各地をトラックで周りながら、14ヶ所以上でイベントを開催する予定の矢野大地(@123Vaal)とブルゾンみきお(@OOHORI_bicycle)だが、スタートから4日経った現在もトラックの運転に必要である”ミッション免許(限定解除)”をブルゾンみきおが取得できていない事を報告した。

2人は高知県の『NPO法人ひとまき』に所属しているメンバー。今回の企画は「Coトラック」と呼ばれるモバイルハウスを搭載したトラックで全国行脚し、ひとまきの広報活動(自己理解プログラムなど)や、冊子『次世代生き方図鑑』の作成を目的に行なわれている。

そんなCoトラックの運転にはミッション免許が必要であり、ブルゾンみきおも出発までに限定解除の試験を受けていたが、不合格。出発後も高知に一旦戻り試験を受けたが再度不合格となっていた。

矢野大地が1/18に動画配信した報告の中で、不合格となったブルゾンみきおに苦言を呈し、Coトラックが四国を出るタイミングで、ブルゾンみきおのミッション免許取得を断念する趣旨の発言も飛び出している。

そうなると、3/15までの全国行脚は全て矢野大地が一人で運転する事となるが…今後の動向が気になるところだ。

関連記事一覧